人財育成について

シノブフーズでは、ジェンダーをはじめ、ダイバーシティの実現をめざし、
性別・国籍・経験を問わず、自律と自己責任を発揮する多彩な人財のスキルと経験を向上させつつ、
一方で持続的な企業価値向上のため、常に次世代を念頭においた
研修および教育を実施していくことを人財育成の基本的な方針としております。

研修制度

新入社員研修

入社後、社会人としての心構え、ロールプレイングを通した名刺交換や 電話対応などのビジネスマナー、会社の理念や事業詳細などを学習し、 社会人として基本的なスキルや企業文化に適応できるよう研修いたします。

新入社員フォローアップ研修

入社後半年間を振り返り、プレゼンテーションを通じて受講者同士がお互いに成長度合いを確認し、 いまの自分の状況を把握します。また受講者同士が課題や悩みを共有することで、 安心して問題解決の方法を探ることができます。

昇格者研修

リーダーシップの強化やコミュニケーションスキルの向上、
人事考課やコンプライアンスなど管理職として必要なスキルを学びます。

管理職研修

管理職に求められるマネジメント力・リーダーシップ力を養成します。
組織のビジョンや目標を理解し、その達成に向けて自身やチームを導く能力を養います。

女性管理職候補者研修

女性管理職に求められる役割を養成し、自分自身や自分の能力に自信を持ち、 リーダーシップの役割を果たせるよう支援します。また育児・出産等のライフイベントを 踏まえた今後のキャリアビジョンの描き方などを学びます。

幹部社員研修

経営幹部に求められる役割やマインド、戦略的思考を養成し、リーダーシップスキルの 向上による組織全体の成長を支えます。